オーナーが教える賃貸経営やマンション経営の魅力|成功の秘訣

女性

リスクを知って対策

PC

マンション経営をする中で考えられる失敗リスクをできるだけ減らして経営を行なえるようにしておきましょう。考えられる失敗例として安い中古マンションの購入や空室リスクなどがあります。

詳細を確認する...

少額からでも出来る投資

お金

レバレッジ効果が魅力

少額からでも始めることができる投資が賃貸経営です。この賃貸経営の特徴をレバレッジ効果と呼び、少ない投資で大きなお金を動かせ、それを不動産に投入することが出来るため人気の投資となっています。レバレッジとは梃子のことであり、賃貸経営の場合は少額の資金であっても土地といった担保を元に融資を受けて、不動産物件に投資することを指します。このため少額からでも投資ができるとあって安定した取引、かつ魅力的なリターンを期待して賃貸経営を始める人が多くいます。株のように多額の自己資金を必要とせず、またFXや先物取引のようにハイリスクということも無いので、比較的誰でも始めやすいビギナーでも安心の投資が、今人気の賃貸経営なのです。

入居者ニーズを調べる

入居者ニーズを知ることは、賃貸経営で成功をするための第一歩です。賃貸需要は全て入居者がその部屋を何らかの理由で必要としているため生まれています。そのニーズが生まれている理由を把握しておくことは適切な経営環境の実現に繋がります。例えば学生ならば賃料の安さを理由にその賃貸物件を選んでいる事も考えられます。若手の独身サラリーマンならば交通アクセスが良いという立地環境で選んでいる可能性があります。家族や単身高齢者ならば生活環境を重視しているのはよくあることです。このような入居者が求めているニーズを把握しておくことは、賃料の設定や必要とするサービスの導入など、賃貸経営で入居者を維持して増やすための重要なテクニックとなります。

常に先手を打った行動を

不動産

情報量の不足によるアパート経営の失敗事例は非常に多いパターンなので注意すべきです。そのため周辺の状況や入居者の予定などを考えた先手を打った行動が必要です。またアパート経営にはリターンとリスクの2つの特徴があるので、それぞれを把握して経営する事が求められます。

詳細を確認する...

入居率を高める3つのこと

アパート

不動産経営においては3つのことに注意をすることで、入居率を高く維持することが可能です。その3つとは、不動産の立地、管理会社の選定、リフォーム代やリノベーション代を考慮することです。豊かな老後を迎えるために、3つのことに注意をして不動産経営を行いましょう。

詳細を確認する...